ホームホワイトニングを使って歯が白くならない理由

ホワイトニングは、歯を白くするために行います。白い歯は健康で美しい印象を与えます。人間の歯というのは、年齢と共に黄ばんでいくので、歯を白くすることでアンチエイジング効果も期待できます。
しかし、ホワイトニングというのは、歯科医院でしか扱うことのできない処置です。保険が適用されないために、治療費も数万円かかってしまいます。歯科医院に対して苦手意識を持つ人も少なくないので、そこまでしてホワイトニングをしなくてもいいかと考えるようになってしまいます。そのような人にとって、ホームホワイトニングというのはとても魅力的な治療法です。その名の通り、家でホワイトニングを行うのがホームホワイトニングです。歯科医院に来院する必要はありますが、最初にお口に合わせたマウスピースを作成し、専用のホワイトニングジェルを受け取れば、後は自宅でホームホワイトニングができます。治療の度に歯科医院を訪れる手間もなく、自宅でケアできるというのが最大のメリットです。
ホームホワイトニングは、きちんと扱えばとてもいい治療法で、効果もきちんとあります。それでも、白くならないと感じている人が多いのには、理由があります。まず、使用する頻度と期間を確認しましょう。歯科医院で行うホワイトニングでは高濃度の薬剤を使用できるので、1度の処置で白くなったと実感できます。ホームホワイトニングの薬剤はそこまで濃度が高くないため、数回使って白くならないと感じる人も多いです。1日につき最大2時間程度、専用のジェルを付けたマウスピースを装着しなければいけません。期間もできれば毎日装着して、10~14日ほどかかります。1回で白くするというよりは、継続することで少しずつ白くしていくイメージです。これらを守れば、歯の色は確実に白くすることができます。
また、通販やドラッグストアなどで販売されているホームホワイトニングを使っている場合は、歯科医院のものと成分が異なります。法律で歯科医院でしか扱うことができない薬剤があり、それを使うことでホワイトニングをしています。市販されているホームホワイトニングはその成分が使えないので、他の成分で代用していますが、歯の色そのものを白くするというよりは、歯の表面に付いた茶渋などを取り除いているというのが実際です。茶渋が取れれば色が白くなったように見えますが、歯の色は変わっていないので、白くならないと感じる人も多いでしょう。http://xn--u9jxfmb4fpa7gug9a5646ekhhvuo094a.com/

ホームホワイトニングを使って歯が白くならない理由